静岡県袋井市の経営コンサルティング事務所 トヨダ・マネジメント・オフィス(中小企業診断士・1級販売士)のHP 浜松~静岡にかけて活動中!!

補助金申請は経営計画策定・事業計画策定が決めて

補助金申請は経営計画策定・事業計画策定が決めて

本年、アベノミクス政策の一環で、中小企業に対して補助金支出による大規模な支援策が実施されています。
「ものづくり企業補助金」というもので、上限1千万円の補助金が全国で1万516件の企業に支出されることになりました。補助金は融資と異なり、返済する必要はありません。もらいっぱなしになります。
静岡県では、1105件の応募があり採択されたのは509件で、採択率は46%でした。
応募には、事業計画書の提出も必要でしたが46%の中に入れば返済不要のお金が手に入ることになり、飛躍のきっかけとなる大きなチャンスだったのです。
案件が採択されるか否かは、事業計画書の優劣にありました。
私は審査に関わりましたが、企業によって事業計画書の内容にかなりの優劣がありました。当然、劣るものは採択には至らなかったはずです。
応募用紙には書き方の例も記載されていましたが、その例を全く無視している計画書もありました。どうして言われていることを書かないのかと感じました。
事業計画書は必ずこうしなければならないという決まりはありませんが、記載しなければならない事項はあります。そのあたりをボロボロ落としていたら説得力のある計画書にはなりません。
いっとき時間をかけて頑張って事業計画書作成をした企業は補助金を手にし、そうでない企業は逃したのです。金額が大きいだけに逃がした魚は非常に大きいと思います。
次回、このようなチャンスが巡ってきましたら、ぜひご相談いただきたいと思います。説得力のある計画書作成を支援します。
ものづくり企業補助金

コメント


認証コード1695

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional