静岡県袋井市の経営コンサルティング事務所 トヨダ・マネジメント・オフィス(中小企業診断士・1級販売士)のHP 浜松~静岡にかけて活動中!!

接客業は第一印象に気をつける

接客業は第一印象に気をつける

奇抜な第一印象

接客業は、第一印象が大切です。
人は、第一印象で人を判断するからです。
見かけで人を判断するなというのも、ほとんど人がしてしまうからそう言われるのです。
 
 
『人は見かけで判断する』のです。
 
  
ですから、第一印象は大事です。
男女とも服装、みだしなみ、清潔さに気をつける必要があります。また態度や話し方も重要です。明るく元気というのが基本です。
  
 
電話での話し方にも第一印象があります。元気がなく暗いトーンで話すと、印象は悪くなります。
  
  
なぜ、第一印象が大切かというと、多くの人は初対面の人と接するときには警戒するからです。その上、店の店員は「売る人」ということが分かっていますから、無理やり「買わされる」というリスクを避けたいからです。ですから心の扉を閉じています。
 
  
でも、第一印象が好ましいものであれば、その時点で少し安心します。心の扉も少し開いてみることになります。
  
  
そして、会話を通じてその人のことを信用できるようになって、初めてこの人なら買ってもいいかな、と思って購入にいたるのです。
 
  
第一印象で拒絶されると、その時点で終了なのです。

    
知人の中で見かけは怖いけれど、実際はやさしくて親切な人はいると思います。
言葉使いは荒いけど、実際は優しい心の持ち主の人は多いと思います。
また、いくらファッションが奇抜でも、話してみると普通の人だったという経験もあると思います。
  
  
でも、それは接客業では、通用しないのです。
人は第一印象で判断するからです。
本人の好みやこだわりなどは関係ないのです。瞬間的に相手がどう思うかだけなのです。
  
  
第一印象が悪いと、次の段階に行く前に終了してしまいます。
この辺が接客業の難しいところです。
  
  
第一印象で終了しないように、気をつけるようにしましょう。
 
  

コメント


認証コード1694

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional