静岡県袋井市の経営コンサルティング事務所 トヨダ・マネジメント・オフィス(中小企業診断士・1級販売士)のHP 浜松~静岡にかけて活動中!!

感情は買い物行動に影響する

感情は買い物行動に影響する

キーボード

(6/10) 人間は感情の動物です。
当然、買い物行動も感情に影響されます。
  
  
私は、あるメーカーの商品を絶対買いません。
別にそのメーカーの商品が嫌いとか性能が劣るとかデザインが悪いとか、ということではありません。
  

製品的には、そのメーカーはかなり良いものを作っていますし、特定の分野においては人気があるメーカーです。でも私はそのメーカーのものは買わないのです。
  

理由があります。
私が家電店で店員をしたとき、そのメーカーの対応で非常に困ったことが何回もあったからです。
 

当時私はパソコンとワープロを販売しているフロアーで店員をしていました。
そのメーカーはワープロも作っていて、人気もそこそこありました。価格の割には高性能な商品を作っていました。
      
    
当時ワープロは年賀状を作るために、買われることも多かったのですが、その時の話です。  
   
     
当時のワープロは年賀状を作るときは、別売のハガキフィーダーがあり、それを利用することでハガキ一枚一枚ではなく、何十枚かまとめて自動的に印刷できるようになっていました。(ハガキフィーダーはだいたい1万円ぐらいの商品です)
  
  
ある日、そのメーカーのワープロを買われたお客様が、別売のハガキフィーダーを買いに来店しました。ワープロで年賀状を作りたいから買いに来たというのです。その時に店にハガキフィーダーの在庫がなく、メーカーに問い合わせたところ、「うちにも在庫はありません。ですからそちらにいつ納品できるかもわかりません。今年中になるか来年になるかもわかりません。」というのです。
 
  
来年では、年賀状で使うことはできません。
メーカーの返答をそのままお客様に伝えることはとてもできません。
最低でもいつ入荷するか分からないと、お客様に返答のしようがないからです。
  

その後、なんとか系列の店舗に在庫を確認し、事なきを得ましたが、そんなことが複数回ありました。このようなことが重なることで、そのメーカーに対して私の評価はぐっと下がりました。最も嫌いなメーカーになったのです。
 

それ以来、消費者の立場では一切そのメーカーの商品は購入していません。
 
 
私の行動は理性的な購買行動とはとてもいえないでしょう。製品的にはなんら問題なく、むしろ評価の高いメーカーですから。
でも、今後もそのメーカーの商品を買うことはないでしょう。
  
   
買い物行動には感情が大きく影響するのです。いくら性能が良くても嫌いなメーカーの商品は買いたくありません。
  

コメント


認証コード5804

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional