静岡県袋井市の経営コンサルティング事務所 トヨダ・マネジメント・オフィス(中小企業診断士・1級販売士)のHP 浜松~静岡にかけて活動中!!

インターネット利用頻度

インターネット利用頻度

(9/9)総務省年「情報通信白書」で世代別のインターネット利用率を紹介しましたが、その利用頻度についてもグラフがありましたので紹介します。
下のようになっています。
インターネット利用頻度1

インターネットを利用している方のうち、毎日少なくとも1回以上利用している方が約75%いることがわかります。一日のうち少なくも1回以上ということですから、複数回の方も含まれているのです。
   
    
ということは、人々にとってインターネットは相当重要なツールであり、情報源となっているというとことです。ですから、商売をしている方はこの情報源を如何にうまく活用するかが鍵なのです。ホームページやブログ、あるいはSNSなどを使って情報発信していくことは基本です。
  
   
インターネット上で表れない店はもはや存在しない店と同義といえます。
ということで、小規模な企業や店舗でもホームページやブログなどで情報発信をすることが常識となりつつあります。 
  

そのことは、喜ばしいことなのですが、その結果同業者のホームページも増加しています。ということはただホームページを作ってもその中での競争が激しく、なかなか検索上位に表示されないということになってしまいます。
  
 
そこで、検索エンジン対策(SEO対策)の必要性がでてくるのです。ですが、これを自分でやるには勉強しなくてもいけませんし、時間もかかります。業者に依頼しても検索上位になるのを保証してくれるわけではありません。むしろ正攻法でないやり方だとペナルティを食らうこともあります。

   
SEO対策について簡単にまとめた私のブログページです。
興味のある方は参考にしてください。 ホームページのSEO対策
  
   
検索上位にくるもっとも簡単な方法はインターネット広告を使うことです。お金はかかりますが。例えば検索エンジンで何か検索をしたときに、上や右のほうにPRと表示されているものはリスティング広告です。

  
経営上、今後はインターネット広告の利用も視野に入れていくことが必要になってくると考えます。インターネット広告費の増加についてブログ記事を書いていますので参考にしてください。
インターネット広告費が増加している-1

   

コメント


認証コード6717

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional