静岡県袋井市の経営コンサルティング事務所 トヨダ・マネジメント・オフィス(中小企業診断士・1級販売士)のHP 浜松~静岡にかけて活動中!!

お客様のニーズに応えてリピートを促す方法

お客様のニーズに応えてリピートを促す方法

貸し音楽スタジオ

(11/11)近所の楽器店の話です。
そこは、店舗内に貸し音楽スタジオを併設しています。
貸し音楽スタジオは、バンドが練習のために利用するものです。
ギターアンプやドラムなどが置いてあるので、気軽に利用できます。
  
   
1時間当たりの利用料金を設定して、商売するというのが普通のやり方です。1時間1000円前後から2000円前後の料金を設定しているとことろが一般的だと思います。
     
   
4人グループなら一人1時間500円程度から利用できるということです。
   

従来はそのような商売を続けていたのですが、ある日気がつくと、個人練習回数券(チケット)を販売していました。通常料金よりも低い料金を設定しています。
  
  
個人(一人)的に楽器を練習したいとニーズがあり、個人(一人)なので料金も低く設定しているのだと推察します。グループで個人練習チケットを利用することはできません。
  
  
従来通りでも貸しスタジオの稼動率が高ければ、別に個人練習回数券(チケット)を導入することもないと思いますが、多分そうではないのでしょう。
   
  
貸しスタジオの運営業務はそれほど多くなく、店舗の店員が行っているので、運営で負担になることはありません。むしろ、多く利用してもらったほうが店全体の経営には良いのです。
  
  
ということで、貸しスタジオの利用があまり芳しくなかったので、個人練習回数券(チケット)を販売を始めたのだと思います。多少料金を低くしてもせっかくの設備を遊ばしておくよりもずっとよいということでしょう。
  
  
楽器店の貸しスタジオ個人練習回数券(チケット)販売は、最近のお客様のニーズを把握し、お客様と店舗にとってもメリットがあるように考えたお客様のリピートを促す仕組みと言えます。
  
  

コメント


認証コード9896

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional