静岡県袋井市の経営コンサルティング事務所 トヨダ・マネジメント・オフィス(中小企業診断士・1級販売士)のHP 浜松~静岡にかけて活動中!!

ホームページ作成ソフト(システム)は何を選ぶか

ホームページ作成ソフト(システム)は何を選ぶか

ホームページ作成ソフト(システム)は何を選ぶか

現在はワードプレスが人気

ある程度大きな会社だとICTに詳しい社員などがいて、その者にホームページを更新をしてもらこともできますが、そうではない小規模企業だと社長が自らやらなくてはいけない場合があります。また、そのような例が多いのです。
  
  
ICTに詳しい社員がいる場合は、ホームページ作成でよく利用されるワードプレスというCMS(Contents Management System)を使ってホームページを構築して更新を続けていけば良いと思います。
   
   
ワードプレスにはいろいろなプラグインがあり、より便利に使えるようになっていて発展性があります。私がここで利用している、QHM(Quick Homepage Maker)もCMSで使いやすくて、よかったのですが、残念ながらサービス提供事業者が事業から撤退し、今後の発展が望めずお勧めできなくなりました。

ワードプレスですが、社長が自ら行う場合は、よほどの人でない限り、ハードルが少し高いかなと思います。ワードプレスのほうが発展性があって、できることも多くなるのですが、使いこなすには勉強することが多く、社長が自らやるには向かないと思います。

忙しい社長がワードプレスで始めるときの方法

どうしてもワードプレスでやりたい方は、設計図は自分で作って実際の構築は業者にやってもらうと良いと考えます。その場合でも更新のやり方などは勉強してもらわなければなりませんが。

ドメインやレンタルサーバは自社で契約し、更新は自分たちでできるようにするのが良いでしょう。ドメインやレンタルサーバの管理も業者に丸投げすると、ドメイン会社やレンタルサーバの変更をしようと思っても簡単にはいかなくなることが多いからです。あくまで自社のワードプレスで動くホームページを作ってもらってそのホームページを購入するというイメージです。

ワードプレス以外でホームページを作る方法

ワードプレス以外で私が知る限り、最も簡単でよく使われているホームページ作成システムはJimdoではないかと思います。

利用するには、Jimdoのホームページにアクセスして、指示通りに進めていけば契約でき、すぐ利用できます。年間に1万円程度~という料金設定です。無料のものもありますが、SEO的にはかなり弱くなりますからお勧めしません。

でもJimdoでもいざ導入しようとすると、それなりに難しく、ものすごく簡単というわけでもないのです。導入時には専門家などが付き、いっしょに構築していくようにしたいものです。

たまにバージョンアップがあり、使い方や画面表示が変更になることがあります。バージョンアップは自動的に行われるため、拒否はできません。

また、Wixというシステムもよく利用されています。こちらもWix社のホームページにアクセスして契約をするタイプです。

発展性はワードプレスだが、より簡単なのはJimdoやWix

先ほども書きましたが、発展性があるのはワードプレスだと思いますが、構築は誰でもできるほど簡単というわけではないのでなるべく簡単にやりたいという人はJimdoやWixで良いと考えます。

ワードプレス導入の際のお勧めの方法

ワードプレスで本格的にやりたい方は、設計図は自分で作り、実際のホームページ作りは業者にワードプレスで構築してもらい、完成後のすべての権限はこちらに渡してもらって、更新は自社でおこなっていくという形が良いと考えます。

コメント


認証コード8992

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional