GMROI(ジーエムロイ)

商品回転・GMROI

GMROI(ジーエムロイ)

今日は、商品回転率(在庫回転率)と粗利益率という、小売業の最も重要な指標をひとつにまとめた指標についてお話をさせていただきたいと思います。
それはGMROI(ジーエムロイ)=商品投下資本粗利益率(Gross Margin Return On Inventory Investment)という指標です。  

 

小売業の多くの投資は商品在庫になされる

皆さんが、商店を経営している上で、店の在庫金額に対して儲け(粗利)がいくらぐらいあるかということは、とても気になる点ではないでしょうか。小売店の場合、投資額の多くは商品在庫に対してなされるわけだからです。    

中小店では薄利多売型の経営は困難

 できるだけ少ない在庫投資額で儲けは大きいほうがいい、と誰しも考えているのではないでしょうか
特に中小店の場合は資金が湯水のようにふんだんにあるわけではないので、量販店のように粗利益率は低くてもトータルで粗利益額がある程度上げられれば良いという薄利多売型の経営は難しいのではないでしょうか。      

GMROIとは

そこで参考になるのがGMROIという指標です。GMROIは平均在庫投資額に対して粗利益額がどのくらいあるかという、小売業経営で重要な指標のひとつです。    

GMROIの式

GMROIの式は粗利益額÷平均在庫投資額(原価)です。
これは(粗利益÷売上高)×(売上高÷平均在庫投資額)と変形できます。
よく見ると(粗利益÷売上高)は粗利益率で、(売上高÷平均在庫投資額)は原価ベースでの商品回転率(在庫回転率)を表していることに気がつきます。
つまり、GMROI=粗利益額÷平均在庫投資額(原価)
         =粗利益率×商品回転率(原価ベース)なのです。          

GMROI=粗利益÷平均在庫投資額(原価)
      =粗利益× 1/平均在庫投資額(原価)
      =粗利益額/売上高 × 売上高/平均在庫投資額(原価)
      =粗利益率×商品回転率(原価ベース) 

 上のようにGMROI(粗利益額÷平均在庫投資額)は粗利益率と商品回転率(在庫回転率)という、小売業の重要な指標をかけあわせたものでもあるのです。   

薄利多売型の商売をGMROIで表現すると

 実は、この指標を知らない店主でも、無意識のうちに店舗経営にこの考え方を取り入れていことが多いのです。
例えば、上でも触れていますが、薄利多売という言葉があります。これは皆さんがよくご存知のように、粗利益率は低くても、商品回転率(在庫回転率)を上げ、多く売れば商売は成り立つ、という経営方策のことを差して言っています。

  この方策は粗利益率×商品回転率(原価ベース)というGMROIの式にそっくり当てはまります。式に当てはめると、薄利多売は、粗利益率(低)×商品回転率(高)の経営方策だということです。   

自店(自企業)をGMROIの指標で考える

 このGMROIの指標を基に、自店の経営方策を考えてみることは、なんとなく行ってきた経営を改めて確認し、今後の自店の経営の方向を決める上で 大切なことであると思います。無意識になんとなくおこなってきた経営と、経営指標の意味を分かった上で、それを意識して行う経営とでは差が出るはずです。      

GMROIを高める3つの方策

さてGMROIを高めるには3つの方策が考えらます
下の表をみてください。

GMROIを高める3つの方策

 

GMROIを高めるには3つの方策があることがわかります。

  1. 粗利益率を高める
  2. 商品回転率を上げる
  3. 粗利益率・商品回転率ともに上げる

この3つのどれかを選ぶことでGMROIを高めることが可能になります。

同時にそれは、店舗のコンセプトを決めることにもなります。

 

GMROIはストアコンセプトを決定付ける要素

 お気づきのように、粗利益率を高めるのか、または商品回転率(在 庫回転率)を上げるのかいうことは、単にGMROIを決めるだけでなく、あなたの店のストアコンセプトを決定付ける重要な要素となります。例えば、粗利益 率の高い高級品店はやはり、外見も品揃えもそれなりの店である必要があるのです。このあたりも考えていく必要があるでしょう。  

GMROIの目標値

 GMROIの数値の基準は業種にもよりますが、一般には最低でも200%は確保したほうが良いとされています。 この200%を確保するのに、粗利益率をあげるのか商品回転率(在庫回転率)をあげるのかなどの方策があるのです。実際にご自分の店の数値を算出して、確認してみることをお勧めします。  

交差主義比率

なおGMROIと似た指標で交差主義比率というものがあります。これは商品回転率(在庫回転率)の商品在庫金額が原価ベースではなく売価ベースとしているものです。 交差主義比率=粗利益率×商品回転率(売価ベース)です。実際の商品回転率(在庫回転率)は売価で考える場合が多いので、こちらも覚えておくと良いでしょう。

交差主義比率=粗利益率×商品回転率(売価ベース)

GMROIのまとめ

ポイント

GMROIは平均在庫投資額に対して粗利益がどのくらいあるかという、小売業経営で重要な指標。
式 GMROI=粗利益額÷平均在庫投資額(原価)
    =粗利益率×商品回転率(原価ベース)

GMROIを高める3つの方策
①粗利益率を高める
②商品回転率(在庫回転率)を上げる
③粗利益率、商品回転率(在庫回転率)ともあげる

 

※GMROIをどのように経営に生かしていくかについて述べたGMROI活用法についてのページもあります。併せてご覧ください。

商品回転率って何?
商品回転率(在庫回転率)が低いと
GMROIとは
GMROI活用法
業界トップ企業のGMROI
商品回転率の算式の疑問点

 

タイトルとURLをコピーしました