静岡県袋井市の経営コンサルティング事務所 トヨダ・マネジメント・オフィス(中小企業診断士・1級販売士)のHP 浜松~静岡にかけて活動中!!

集客のコツ

集客のコツ

集客のコツ

(8/19)集客というと、配布するチラシの工夫だったりブログ等での情報発信、ホームページの充実などいろいろはありますが、店舗内でできることも多くあります。
   
店舗の場合は、新製品の展示や模様替えなども集客力の向上につながります。
なぜかといえば、同じものを長期に亘って展示していたり、いつ行っても何も変わっていない店だとお客様は飽きるからです。飽きてしまうと、お客様はその店に行かなくなります。
ニーズ性の高い取り扱い商品を多く扱っているスーパーなどは別ですが。
   
  
チラシを撒かなくても、定期的に行ってみたいように思わせることが店にとっては大切なのです。そのためにはお客様を飽きさせないようにすることが必要なのです。
 
  
新製品の展示や模様替えなどはお客様を飽きさせないようにする取組でもあるのです。
  
 
私は家電の量販店に勤めていましたが、家電製品は商品の入れ替わりが比較的早いので、新製品を展示するようしていれば、特にチラシを撒いたりしなくても新製品の情報をどこかで聞いたりして来店する方もけっこういます。ですから、新製品の展示は大切なのです。
  
  
新製品は極力展示するなど、商品がいろいろと入れ替わっていれば、関心のある人は定期的に「最近、家電店にいってないないので、そろそろ行って見ようかな。」ということになります。
  
  
そこで、新製品があれば、実際に見て触ることで、欲しいと思ってもらえることもあるのです。
  
 
店のレイアウトや配置もたまには変えてみることが必要です。これもお客様を飽きさせないための一つの工夫です。いつ行っても代わり映えしない店だと、お客様も飽きてしまいます。お客様にいったんそう思われてしまうと、来店する動機が弱くなるのです。
   
  
店内レイアウトや配置の変更は、以外なメリットもあります。商品の陳列場所を変えることで、いままでお客様の目に留まらなかった商品も目には入るようになることです。
ずっと展示してあった商品ですが、展示場所を変えるだけでお客様から「あれ、こんな商品があったのですね。」と言われたこともあります。
  

新製品の展示や店内レイアウトの変更はお客様を「飽きさせない」ことで集客力向上につながり、また客様にとって新たな商品の発見になることもあり、大切なことです。
  

コメント


認証コード0495

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional